テレワーク導入支援|株式会社モフネッツは横浜でITの相談役として学校様、中小企業様、幼稚園様、保育園様の課題を解決させて頂いております。

株式会社モフネッツ

テレワーク導入支援

テレワーク導入支援のご案内

お客様の立場に立ち、お客様と同じ方向を見てサポートさせて頂きます。オンライン会議、オンライン商談、密を避けた分散業務など、テレワーク導入をご検討の中小企業様はぜひ当社にご相談ください。

テレワークとは

時間的、場所的な制約にとらわれないワークスタイルです。効率や生産性の向上、様々なライフスタイルの実現に向けた柔軟な仕事の在り方であり以下の3タイプに分けられます。いずれもICT(情報通信技術)を活用して行います。
在宅ワーク
在宅ワーク

自宅を勤務場所とする働き方
モバイルワーク
モバイルワーク

移動中や顧客先でモバイル端末を活用した働き方
サテライトオフィスワーク
サテライトオフィスワーク

勤務先オフィス以外の事務所、施設、店舗を利用した働き方

セキュリティ対策

テレワークを行ううえでの大きな課題として、「セキュリティ対策」が挙げられます。企業や団体の本社や本拠地で仕事をする場合は、PCやインターネット回線のセキュリティ対策が万全なオフィス環境が整っています。テレワークは時間や場所にとらわれないメリットをもつ一方で、どうしてもセキュリティ面がおろそかになるデメリットをもちます。そのため、高い意識をもって対策をとらなくてはいけません。

セキュリティ対策

アクセスの管理・制限

アクセスの管理・制限には、パソコンやアプリケーションを使用する際に、従業員本人が利用者であることを認証する本人確認の他、登録済の端末からアクセス許可を行う端末認証などがあります。企業のシステム管理者は、従業員に貸与しているパソコンなどの端末情報を一括管理する役割を担っています。


暗号による管理

パソコンやスマートフォンなどの端末の紛失や盗難を想定して、ログイン認証だけでなく、端末本体やハードディスクを暗号化しておくことにより、情報漏洩の危険を回避できます。USBメモリは、暗号化機能がついたものを使用することを徹底し、メールをはじめとしたすべての通信の暗号化、添付ファイルの暗号化、ExcelやWordにより作成したファイルの暗号化も徹底させて、二重三重のセキュリティ対策を実施することが重要です。


運用のセキュリティ

インターネット回線を使用していたり外付けの記録媒体へのアクセスがある限り、パソコンをはじめとした端末がウイルス感染する可能性は常にあります。ウイルス感染を防ぐためには、すべての端末へのウイルス対策ソフトの導入に加えて、OSやソフトウェアを最新の状態へ常にアップデートさせることを全従業員へ徹底させましょう。万が一のときに備えて、ファイル原本やデータのバックアップを保管しておくことにより、被害を最小限に抑えることができます。


ネットワークのセキュリティ

WEBページの観覧、メールの送受信、外部から社内ネットワークにアクセスするには、インターネットに接続する必要があります。このときには常にウイルス感染の恐れがある他、ファイルやデータの盗難や不正アクセスされる危険もあります。その予防や回避のためには、VPN回線に接続して暗号化通信を行うなどの対策が必要となります。

最近の活動

question
出張が多く社内との連携や社内業務の生産性を上げたい。
answer
外部から社内データへのアクセスをご提案
activities
社内のNASとモバイル端末を組み合わせWEBアクセス設定をさせて頂き、外部からのアクセスを実現致しました。

PageTop

045-777-9905